Hatena::Groupmacromaniacs

ようこそ輝くレンズ沼へ

2012年06月29日 金曜日

[]ロスアラモスの隠し玉

こんなのが湾で出てきてました。どうもロスアラモスの研究所の放出品らしいのですが。

$(KGrHqJ,!ooE9j9(m(SCBP3VIfcNvQ~~60_57

$(KGrHqN,!lME+HZbdy!nBP3VJBvUJQ~~60_57

$(KGrHqJ,!i!E-0+m0ZJ,BP3VLDUZow~~60_57

$(KGrHqF,!pcE-w!hEE0tBP3VJrnZWQ~~60_57

$(KGrHqN,!ikE-jB4o2IZBP3VJI(cHg~~60_57

$(KGrHqZ,!oIE-upG41)NBP3VJCEEFw~~60_57

$(KGrHqF,!o0E-v8dq4S4BP3VI4oyTQ~~60_57

$(KGrHqJHJCQE+NypIYz)BP3VI0pT6w~~60_57

$(KGrHqN,!okE9mgm+JSvBP3VIst8O!~~60_57

$(KGrHqF,!p8E-61iFZtyBP3VIlqEiw~~60_57

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20120629

2012年05月18日 金曜日

[]ホレホレ

かなり珍しいレンズがホレホレされました。Micro N 55/4。L39 のようです。

重量感のありそうな鏡胴ですね。快削黄銅でしょうか。

初めて見ました。

Akiyan-jpAkiyan-jp2012/05/20 18:43昭和50年(1975)に発売されたレンズのようです。
昭和51年(1976)の価格表には特注品扱いで定価表示無し。
製造・販売期間は短かったようです。
資料も残っておらず、唯一、LENS DATA 1975.3 というセールス資料の
中に外観写真、レンズ構成図ともに掲載があります。
特筆すべきは、色収差補正波長域が380~700nm。
紫外域に踏み込んでいるところでしょうか。

用途は35ミリ無孔フィルムを使用するマイクロ写真撮影用ですが、
投影用でもあったわけで、兄貴の70mm F5が撮影にがんばって、
焦点距離の短い弟分の55mm F4は投影でがんばっていたのかもしれません。
歴史の古い70mm F5にくらべて、新しい55mm F4の方は、初めからマイクロ
写真撮影装置に組み込んで出荷された可能性が高く、ゆえに、
時代遅れの装置ごと廃棄の運命となり、現存数が極めて少ない産業用
ニッコールレンズと言えます。
マウントはL39。フィルター径は40.5mm(P=0.5)です。
ぜひ生きているうちに保護してあげてください。

doubletdoublet2012/05/20 19:11おお!ありがとうございます。
ちなみに光学設計って、マイクロ55mmF3.5同様のクセノターですか?

Akiyan-jpAkiyan-jp2012/05/20 21:37業務連絡メールしましたので参照ください。
クセノタール型ではなく、前後対称のオルソメター型というのでしょうか。
4群6枚です。フロント側から2枚、1枚、1枚、2枚の構成で、
2群目、3群目がトポゴン型のように非常に薄いのが特徴的。

doubletdoublet2012/05/20 22:05ありがとうございます!確認しました。
80ミリ以降のエルニッコールと設計がよく似ていますね。
基準倍率が小さいですが、複写には性能を発揮するかもしれません。

三毛三毛2012/06/10 14:03(・ω・)/ おお!我が家の床が有名になっていて…
調味料用ハカリですが、フィルター込で凡そ180gでした

doubletdoublet2012/06/10 14:49けっこう重いですね。いいなー

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20120518

2012年01月04日 水曜日

[]Printing Nikkor 150mm F2.8A

防備録

Focal length 149.8mm

Max. aperture f/2.8

Min. aperture f/11

Lens construction 14 elements, 6 groups

Usable magnification range 1/1X

Corrected chromatic aberration range 400 - 800 nm

Vignettings 0 %

Distortion 0.0000000000% (1/1X)

Aerical resolving power 240 lines/mm (center, 1/1X)

Aerical resolving power 170 lines/mm (88mm circle, 1/1X)

Image size 88 mm dia.

Original size 88 mm dia.

Image distance at standard magnification 559.2mm

Weight 1,050g

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20120104

2011年12月04日 日曜日

[]PN150

買っちゃったよー。自分へのクリスマスプレゼント!

Akiyan-jpAkiyan-jp2011/12/05 23:36おっと、ここでお披露目されてました。
プリンちゃんの兄貴は、初代でしょうか。それとも後期のNタイプ?
初代の良い点は、マウントが既成のニコン小物でできること。
後期型は当然ながらイメージサークルもデカイし、
性能もアップしているようです。

doubletdoublet2011/12/06 00:01後期のNです。光学性能のアップを狙っています。
いつか、6x7とか、6x9でマクロを撮る日のために
少しイメージサークルの大きなレンズもいいかな、と。
やはり高いですねー。

Akiyan-jpAkiyan-jp2011/12/06 00:34アダプタを特注して150Nをハッセルにマウントした方もいます。
無限遠もラクに出ますので厳寒の音のない雪景色とか、春は桜花に最適。
ちょいと重たいのがキズの玉でしょうか。

doubletdoublet2011/12/06 00:36中判でプリンちゃんの桜はいいでしょうねー。
1kgという重さに、到着前からたじろいでます。
まあしかし、エルズームに比べれば!

martini038martini0382011/12/08 00:03あれはNではなく最終型のAだと思います。後のアタッチメントがM58x0.75だそうですね。

ドラちゃんドラちゃん2011/12/09 23:40逡巡して1ヶ月、また後手に回ってしまいました・・・

Akiyan-jpAkiyan-jp2011/12/09 23:55プリンちゃんは、やはり、スーパー・ターボ・パワーだな。
さくっと撮ってもヨク写るし。
ここにまた作例載せるかなー。
http://www.flickr.com/photos/akiyan-jp/

doubletdoublet2011/12/12 15:44到着まで、しばし待たれよ。

Akiyan-jpAkiyan-jp2011/12/12 21:27待ちます。

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20111204

2011年09月21日 水曜日

[]NIKON~20D Aspheric Ophthalmic~Condensing Lens

http://www.ebay.com/itm/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=390348893761

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20110921

2011年06月13日 月曜日

[]UMN

すんません3ヶ月も放置してしまいました。

電子湾に、ウルトラのシリアル3本揃いってのが出てますね。

http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=170653109309&ssPageName=ADME:B:SS:US:1123

scrumploversscrumplovers2011/06/13 10:56150万ドル!今日本円に換算したら…えーと、いくらになるのでしょうか。
そんな高いもの私には買えません。
いくら写真好きでもちょっと値がはりませんか?
doubletさんて実はお金持ちなんですね。

doubletdoublet2011/06/13 12:59一万五千ドルですがな。

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20110613

2011年02月12日 土曜日

[]木箱

やっときた。木箱。

wooden_box


コンデンサレンズ、19mm 用、35mm 用、65mm 用、120mm, 120mm 大サンプル用、メインコンデンサ、やっと揃った。


地味にひとつずつ揃えているなぁ。マクロレンズごと箱買いしたほうが安かったかもしれない。


今まで持っていたメインコンデンサ、120mm, 35mm 用のコンデンサはスペアになった。

トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/doublet/20110212