syoushowのネタ帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

      ◇各月末へ jump◇          2009 | 10 | 11 |       2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
      2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |     2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
 | 

2011-09-11

[][] 久々の、抜栓失敗orz 11:02  久々の、抜栓失敗orz - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

先月ネタにした1989モノと同じ業者から格安で落とした1990年モノですが、、、
コルクが抜けませんですた!?(初体験)

Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990(Maison Roche de Bellene)
Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990(Maison Roche de Bellene) posted by (C)syoushow

今までコルク抜栓には色んな失敗を経験してきましたが、折れる・切れるが殆どですゎ。コレを含めて過去に記憶に残るほど強烈だったのは、3回だけ。
    1)コルクがボソボソになってて、真ん中に穴が抜けた
    2)切れるを超えて、バラバラに!?(持ち込んだお店にて)
    3)抜けずに空回り、中に落としてデカンタへ(今回)

何れもコルクが限界に近かったょぅですが、前2回が30年長の古酒だったのに比べて20年モノなのでちと驚きました。コルクの痛み具合は、元々の質や使い方・保存状況で異なりますが、一般論では20年が一つの区切りだそうです。20年超モノで生産者蔵出しの場合には、出荷前にチェックして状態が悪ければリコルクするんだとか。今回はボトルとコルクの隙間にワインが全て染みこんで、コルク自体も収縮傾向でてユルユルに近くなってました。

コークスクリューをねじ込む途中でコルクが空回り、刺さらないので引っ掛けても上がらず。押し込んで落としたのは、飲むための苦汁の選択にて。

ワイン自体はメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌってネゴシアン(酒商)のもので、ニコラ・ポテルが2009年に再起業したブランドなので流通不良在庫ってコトは無さそう。人脈も目利きも十二分なポテルおじさん買い付けの優良年のワインに期待してましたが、、、中身は普通以下ですたorz。痛んでる訳じゃないんだけど、芳香なし、余韻も短く、味も単調で古酒に期待してる要素が何も無い、、、外れボトルを掴んだ感がいっぱいかいな。まぁ、馬鹿安で入手してますので文句も言えませんが、一勝一敗です。(;^-^A

コルク翌日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru
コルク翌日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru posted by (C)syoushow

引っ掛けて欠けた部分が穴になってま。

コルク翌々日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990
コルク翌々日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990 posted by (C)syoushow

コルク本体は収縮しており、ワインで濡れて膨潤して蓋として成立してたのが判ります。乾くと縮んでシワシワに。

古酒は立てて保存してはいけない!ってのが、今回のコルクで良く判ります

 |