syoushowのネタ帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

      ◇各月末へ jump◇          2009 | 10 | 11 |       2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
      2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |     2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
|

2011-11-18

[][]一日遅れのヌーボ 05:06 一日遅れのヌーボ - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

忙しすぎてキレイさっぱり解禁日を忘れておりましたが(w、一日遅れで買ってきた収穫祭のお酒。

コラン・ブーリセ社なんて聞いたこと無かった(恥;)すが、マコンとボジョレーの中心にある1821年創業の老舗だそうで。ただのヌーボでも十分美味しくて、特に香りがぃぃ感じ。看板ワインはクリュ・ボジョレーの Moulin-à-Vent des Hospicesだそうですが、飲み頃の2002年モノを安く在庫してる店発見!。試してみょかしらん??。

Beaujolais Nouveau 2011(Collin Bourisset)
Beaujolais Nouveau 2011(Collin Bourisset) posted by (C)syoushow

画像はファームアップ後の PZ45-175mmで適当に撮ったモノ。ミニ三脚出さずに手持ちでパパっと撮れるので、普段呑みの記録にはピッタリかもです。(証明の按配で、σ(^^;が写りこんじゃうのはご愛嬌w)

2011-11-06

[][] 久々(7年ぶり?)の自宅ワイン12:30  久々(7年ぶり?)の自宅ワイン会 - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

子供が幼稚園に入って以来、すっかりご無沙汰だったこの手の自宅イベントも7年ぶり?でしょか。
今回は場所とグラスと肴を提供しる方向にて、メインのお酒は頂きモノの↓弐本。所謂5大シャトーのセカンドラベルですが、Les Forts de Latourが 1982年、Carruades de Lafiteが1993年モノ。抜栓がドキドキものでしたが、コルクの劣化は殆どなく楽に抜けて一安心(ホ。(1982年モノは、入手されたタイミングからリコルクされてたのカモ知れませぬ)

昨日のメイン
昨日のメイン posted by (C)syoushow

1982年は世紀グッドヴィンテージの一つなので、セカンドラベルでも期待大ですが抜いた直後は刺激的で香りも立たず、Carruades 1993のが美味しいような。待つこと30分で、、、キタ~っ!?AA(略。その後2時間は浸るように堪能致しますた♪。

宴の後
宴の後 posted by (C)syoushow

好きだけど下戸な2人の為にスタートは葡萄ジュースで、呑兵衛2人は足りるハズもなく締めにデザートワインを在庫σ(^^:から 1/3本追加(残り500mlはPETに小分け)。空き瓶の画像しか残ってませんが、これがスマッシュヒット!!ですた。Sainte-Croix-du-Montなんて聞きなれない生産地ですが、マイナーゆえに高品質なものをリーズナブルに買えるみたいっす。開けた直後から爽やか系の柑橘+陳皮にミントっぽい香り香りの印象とは違って上品な甘みと酸味もしっかり在りまする。後味は若いソーテルヌにも見られる渋みが引き締め、クドくなく飲み易いだけじゃアリマセヌ。で、凄いのが食い物を選ばずに合わせて呑んでも旨いんすよ、前菜で出したオリーブからメインの豚に締めのチーズまでオケ。これ食前から食後まで一本で逝けるカモしれんね。

Ch. du Pradey 2008、また買ってみましょ♪♪♪。

※酔ってグラスは洗いませんので、翌朝に・・・・16脚拭き上げるのに一時間超 orz

2011-09-11

[][] 久々の、抜栓失敗orz 11:02  久々の、抜栓失敗orz - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

先月ネタにした1989モノと同じ業者から格安で落とした1990年モノですが、、、
コルクが抜けませんですた!?(初体験)

Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990(Maison Roche de Bellene)
Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990(Maison Roche de Bellene) posted by (C)syoushow

今までコルク抜栓には色んな失敗を経験してきましたが、折れる・切れるが殆どですゎ。コレを含めて過去に記憶に残るほど強烈だったのは、3回だけ。
    1)コルクがボソボソになってて、真ん中に穴が抜けた
    2)切れるを超えて、バラバラに!?(持ち込んだお店にて)
    3)抜けずに空回り、中に落としてデカンタへ(今回)

何れもコルクが限界に近かったょぅですが、前2回が30年長の古酒だったのに比べて20年モノなのでちと驚きました。コルクの痛み具合は、元々の質や使い方・保存状況で異なりますが、一般論では20年が一つの区切りだそうです。20年超モノで生産者蔵出しの場合には、出荷前にチェックして状態が悪ければリコルクするんだとか。今回はボトルとコルクの隙間にワインが全て染みこんで、コルク自体も収縮傾向でてユルユルに近くなってました。

コークスクリューをねじ込む途中でコルクが空回り、刺さらないので引っ掛けても上がらず。押し込んで落としたのは、飲むための苦汁の選択にて。

ワイン自体はメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌってネゴシアン(酒商)のもので、ニコラ・ポテルが2009年に再起業したブランドなので流通不良在庫ってコトは無さそう。人脈も目利きも十二分なポテルおじさん買い付けの優良年のワインに期待してましたが、、、中身は普通以下ですたorz。痛んでる訳じゃないんだけど、芳香なし、余韻も短く、味も単調で古酒に期待してる要素が何も無い、、、外れボトルを掴んだ感がいっぱいかいな。まぁ、馬鹿安で入手してますので文句も言えませんが、一勝一敗です。(;^-^A

コルク翌日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru
コルク翌日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru posted by (C)syoushow

引っ掛けて欠けた部分が穴になってま。

コルク翌々日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990
コルク翌々日:Santenay-Beaurepaire 1er Cru 1990 posted by (C)syoushow

コルク本体は収縮しており、ワインで濡れて膨潤して蓋として成立してたのが判ります。乾くと縮んでシワシワに。

古酒は立てて保存してはいけない!ってのが、今回のコルクで良く判ります

2011-08-21

[][] 今日の一本(wine20:13  今日の一本(wine) - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

今年になってお買い得価格でまとまった数が日本に入ったらしい↓コレ。

Beaune 1989 (Domaine B. Delagrange)
Beaune 1989 (Domaine B. Delagrange) posted by (C)syoushow

マイナーな生産者ながら良い年なので、20年超でも十分に逝けるルビーがかったガーネット

Beaune 1989 (注いで、、、)
Beaune 1989 (注いで、、、) posted by (C)syoushow

熟成感は(も?)それなりに在りますが、未だ未だフランボワーズ系の果実味も。澱はごく少ないのでリコルクされてるゃに思いますが、コルクへの染みっぷりからは最近では無く蔵出しでもない???。まぁ美味しければ言うことないっすが、安すぎたので開けるまでドキドキしたのはナイショ(w。


(追記)一部修正(ぉ

こちらのドメーヌ(生産者)はリコルクしないポリシーなんだそうで、呑んだ↑コレもリコルクされて無いそうでし。澱は少なかった訳じゃなくって、白ワインのょな結晶質(酒石酸等)のソレで目立たなかっただけなのカモ。出来立ての頃は酸味が豊富で、渋みや色素は控えめなお酒だったんでしょかねぇ?(遠い目;。

2011-08-06

[][] Purpom ダース買い 11:03  Purpom ダース買い - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

代田のオーバーシーズさんが入れてる 100%ストレートジュースで、仏国産の無添加(無加糖)&炭酸封入タイプ。ラベルの「Jus de Raisin Blanc Petillant」は、仏語でスパークリング白ぶどうジュースの意ですゎ。ググると 国内での「飲んでみた」情報が、2006年10月まで遡れますので意外と歴史もありそうな?(ーー;。

Purpom "Jus de Raisin Blanc Petillant"(表)Purpom "Jus de Raisin Blanc Petillant"(裏)
Purpom "Jus de Raisin Blanc Petillant"(表裏) posted by (C)syoushow

ぢつは先週にイオンの出店で試し買いしてたんすが、なかなかに悪くない。ストレートでは呑んべェにゃ甘すぎますが、VSOP以下の安コニャックと 1:3~1:5で割ると 食後酒にかなり良い感じ。炭酸ガスの溶解度が変わるのか?、表面張力が効くものか??、割ったほうが泡立ちがキメ細かくなってシャンパンっぽく変身です。
当然!、グラスもシャンパンフルートにて。

飲んでるトコを撮り忘れますたが、色はストレートでも明るい琥珀色。コニャックを足すと琥珀色が濃くなって、見た目も年代モノのシャンパンみたい(w。中身が推定できる情報がラベルに殆どないんすが、今セールやってて賞味期限(BBE)が 2012/7/19ってコトは去年(2010年)のロットでしょか??。

輸入元の詳細情報は見つけられませなんだが、なんとか販売店のセールストークを↓発見。

    主にプロヴァンス地方産ユニ・ブラン種などのブドウを使用した、白ぶどうジュースです。
    華やかな香りと、酸味と甘みのバランスが取れた、すっきりとした味わいが特徴です。
    砂糖不使用。

ユニ・ブランがベースなら言うことないっすね(←コニャックの主原料)。食中酒にするなら「コニャック1:Purpom1:ソーダ2」辺りが、アルコール度数的にも 甘さ控えめ的にも良い感じ。ヨメ的には「コニャック1:Purpom5」が、ストライクゾーンの様でし。取り敢えずウチでは「コニャック1:Purpom1」にて、チルドルームに転がしてあります。
 ……樽熟じゃないので、なんちゃって ピノ・デ・シャラント!?

※次郎ジュースのょなプレミア価格と違って、ガンガン呑むのにお勧めデス

2011-07-31

[][] 週末のお酒×2 17:16  週末のお酒×2 - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

右がメインの Les Arums de Lagrange 2009、左が Ch.Moんt-Perat blanc 2009。

新入荷?、Bordeaux blanc 2009
新入荷?、Bordeaux blanc 2009 posted by (C)syoushow

どちらも赤ではそれなりに評価されてますが、白では無名に近く値頃感があります。

ラグランジュの白の方は微妙な価格になりつつアリマスが、ランチバッグやタルボの白よりは未だお求め易く(ry。今回の入荷では税抜き2.7英世ですたが、春に呑んだ 2004年モノが好印象だったので3本ほど追加購入(ぉ。先ず土曜はこちらを、、、若すぎるのかデザートワイン・グラスじゃ粗が目立って今一つ、(7/24)に飲んだ Rully 2005のが圧倒的に美味いっす(悲;。キャンティグラスならそこそこ逝けますが、お値段考えると微妙(ぉ。残り2本は封印して熟成後に再評価しますゎ。

今夜は Mont-Perat blanc、今飲んで判り易く美味しい。濃すぎず薄すぎずバランスの良いお酒、グレープフルーツのような柑橘系の苦味がアクセント。樽も控えめですが効いてますし、1.7英世なら言ううことないデス。気持ちよ~くアッと言う間に飲みきって、今さら起きて思い出しながら書いてたり(w。

2011-07-24

[][] 今宵の一本♪ 20:38  今宵の一本♪ - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

でら旨かったでなも(似非東海弁)。ココんち(Antonin Rodet)の看板ワインのいっこ下で。

Rully 2005 (Antonin Rodet)
Rully 2005 (Antonin Rodet) posted by (C)syoushow

グラスは一緒に写ってるキャンティ用よりも、デザートワイン・グラスのが冷やして飲むには向いてますが、、、ぐっと煽らないと口に含めないので飲み難いょ(w。開けて30分ぐらいで華やかに香り立ち、予想外に効いてる樽が良い感じ。コンディション次第でしょけんど、6月呑んだ Chablis 1erよりもウマしっ!?

※20mmF1.7 では地味にパースで歪むので、Leica DG 25mmF1.4に手を出すべきかお悩みちゅ(ぉ

[][] 買うは、酒ばかり!? 21:05  買うは、酒ばかり!? - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

自粛月間中には、反動で一年分の酒代を投入して蒸留酒を買いまくってたりして(アホ。
流石に資金的に無理があるので、直ぐ呑む為の日常酒限定ですが、、、今月は(も)ヤホクで落とすのも酒ばかり(苦笑;。

※気になるレンズが無い訳じゃアリマセンが、今年はレンズ一本も買ってないのょ(;^-^A

|