syoushowのネタ帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

      ◇各月末へ jump◇          2009 | 10 | 11 |       2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
      2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |     2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
 | 

2010-05-23

[]ピチット・デビュー♪ 06:19 ピチット・デビュー♪ - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

間違った使い方をしない様にと「ピチットの不思議」よくあるご質問辺りを先ずは眺めておりますた。商品の作りが判ってしまうと当然とも言えますが、押えるポイントは4つくらい。

   注1)切ってはイケマセン、具(吸水材)が出ます
   注2)食材とは、フィルム面でべったり接触させましょう
   注3)開封後の使用はお早めに、長期保存には湿気厳禁でし
   注4)加熱には耐えませぬ、シリカゲルみたいな再生は無理(ぉ
   ※その他は、食品衛生上の常識に則ればオケ
ヂツは、シートと表現されてるので食材の大きさに合せて切ろうかと思ってたのはナイショ(冷汗;。

ピチット自体は「シート状に成型した高吸水素材」「ポリビニルアルコール半透膜の袋に封じたモノ」の様で……切れば当然中身が出ますし、切り口から吸湿して早くダメになりますゎ(w。で、仕込み始めた肉ですが「効率よく水分を抜く」のがキモなのに、塩5%では水の出が悪いようなので早めの昨日にピチットで巻いちゃってます。


こういうコト始めて気になることが幾つか在りまして、継続して調べてるんですがキーワード選びのヘボさ(?)か良く判りませぬ。

……元の肉の水分量(濃度)は何ぼで、どの位(濃度)まで乾燥させるのか?とか

……ピチットの吸水能力って、どの程度あんの?とかとか

塩梅を見るのに 小さい塊2個/600g強を包んだ方を半日で換えてみますた。未使用ピチット≒24g/枚に対して、捨てる前のピチットが32.5g。半日での吸水量は8.5gですが、イカの一夜干しに使用後の画像なぞと比べると未だ未だ吸えそうな ふいんき(ry。どうせ捨てるならと「水に30分直漬け」してみたら、62g/吸水量38gまで逝ってます(驚!。

追加で見つけたレシピ「2週間で出来る自家製パンチェッタの簡単レシピ」の中では、熟成後の水分30%との記述あり。熟成前後で重量が1/6減少したお肉なので、初期のバラ肉中の水分は40%強って想定ですか。脂身には水分は少ないって理解で良い(?)のなら、赤身側にだけピチット巻くなんて手抜きもアリかしらん(w。

他に見つけたのは豚ひき肉のおよその組成で「水分65:脂質15:タンパク質他20」だとか。とりあえず初めてなので、最初の一週間は小まめに様子を見てきましょ~♪。

[][]食材(お肉)の水分濃度 08:47 食材(お肉)の水分濃度 - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

意外(失礼)なところから、使える情報が発信されておりました。何といっても驚きの細かさ!?、部位ごとの脂身"だけ"の栄養分比較まで出来ちゃいます♪。元は料理レシピに合せて重量を入れて、食材分の栄養素の合計を出したりするモノのようですが、、、

グリコ「栄養成分ナビゲーター」より http://www.glico.co.jp/cgi-bin/navi/start.cgi?A=go1

   豚バラ肉……386kcal/100g、タンパク質14.2、脂質34.6、灰分等1

   肩ロース……253kcal/100g、タンパク質17.1、脂質19.2、灰分等1

栄養成分を引いた残りが水分(?)と考えて良いなら、概算水分量は バラ肉50%、肩ロース63%になります。

逆に微妙に残念な内容だったのは、こちら「五訂増補日本食品標準成分表(本表)」。牛肉は部位ごとにそれなりに詳しいのに、豚肉のデータはサッパリで。orz

(link略)ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/002.htm

[][][][]実家のシャクナゲ 18:16 実家のシャクナゲ - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

テキストのみでは寂しいので、連休の在庫から少々ニギヤカシに貼っときますゎ。

シャクナゲと蟲シャクナゲの常連(蟲)たち posted by (C)syoushow

ちょうど連休中に咲き始めて満開になったシャクナゲですが、蜜の量が多いらしく常連さんが連日居ついておりました。

クロマルハナバチ1

大きい仔は多分、、、クロマルハナバチ(コレのみ G20mm) posted by (C)syoushow

クロマルハナバチ2クロマルハナバチ3

食中→食後(E-PL1 Macro-Elmarit@F5.6) posted by (C)syoushow

クマバチと見紛うくらい大きなハナバチですが、配色と体形は全然違いますし ホバリング姿も少ないようです。何故か吸蜜を止めた後も、一頻り花の上で惚けてますた

ヒラタハナムグリ1ヒラタハナムグリ2

小さい仔は、ヒラタハナムグリ(E-PL1 Macro-Elmarit@F5.6) posted by (C)syoushow

寄り過ぎて花に触れてしまい、振動で驚いて落ちちゃったんですが……襲われてるんじゃなく舐められてる(?)のかしらん。アリもシャクナゲの常連ですが、、、流石に同定までは無理ですかねぇ。

※死んだフリ・タイプの様で自力で脱出する気配が無く、暫らく様子をみて救出しました(w

ゲスト



トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/syoushow/20100523
 |