syoushowのネタ帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

      ◇各月末へ jump◇          2009 | 10 | 11 |       2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
      2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |     2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
 | 

2012-02-08

[][][] 超々広角レンズの運用と、過焦点距離 21:43  超々広角レンズの運用と、過焦点距離 - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

Fujinon 3.8-13mmを入手してボチボチと弄っちょりますが、普通に使う分にもまぁピント合わせが大変w。無限遠は先日のセットでもギリ出そうなんだけど、お星様の試写では片ボケ気味との残念な途中結果だったり。でも、超々広角レンズって被写界深度がめちゃ深いハズだから、片ボケの程度によってはピント合わせの運用で緩和できないモノかと復習中。先ずはウィッキーさんの被写界深度から、、、肝は「焦点距離・絞りと被写界深度」で計算式等々を抜粋すると

wikipedia:被写界深度 より>
一般に被写界深度はレンズの焦点距離、絞り、許容錯乱円の大きさに依存する。具体的には次のように計算される。

はじめに、その距離の被写体にピントを合わせたとき無限遠被写界深度の後端ぎりぎりに入るような距離(これを過焦点距離と呼ぶ)を計算する。過焦点距離をH、レンズの焦点距離をf、レンズの絞り値をN、許容錯乱円の直径をcとするとその関係は以下のとおりとなる。
   過焦点距離:H = f^2 ÷(N × c)

被写体の距離をs、被写界深度の前端後端をそれぞれDN、DFとすると
   被写界の前端:DN = s ×(H - f)÷(H + s + 2f)
   被写界の後端:DF = s ×(H - f)÷(H - s)

被写体から被写界の後端までの距離:DFが、無限遠に届く設定(H = s)がパンフォーカス設定。んで、被写界深度が前側含めて最も深いって理解で良いんですょねぇ?(自信ナシw)

実際には、ほぼ「H >> f」って関係が成立しますので、fを省略した式を近似的に適用しても無問題だったり。で、3.8-13mmの広角端・開放での試算になりますが、仮に許容錯乱円の直径:cは 0.00375mm(≒17.3mm/4608)ってコトにして。
  ・・・・絞り値:N=1.4、焦点距離:f=3.8mmなら → 過焦点距離:H ≒2750mm!?

うーん、短か過ぎちゃって俄かに受け入れ難いっすが、式は正しいハズだしコレで 1/2H~∞ が被写界深度内に入るんですよね?(ーー;。3.8-13mmのょなチープなバリフォーカルレンズには距離指標なんて無いっすから、MFアシストだけでピントが正確に合わないなら少し(ってナンボゃ??)遠め狙いのが無限遠に合い易いハズ。一つ思いついたのは Near -> Farにピントを送って、1/2H(=1375mm)の目標がオフフォーカスに成った所に決める運用で良いんじゃね?。お試しの結果は、、、惜しいっ!?

GOP3ZILLA_max_3818_38mm_F14_SS2_iso400
GOP3ZILLA_max_3818_38mm_F14_SS2_iso400 posted by (C)syoushow

一番明るいシリウス(@おおいぬ座)の像は肥大気味ですが、原寸(1920x1080)ならオリオン座の主要7星まで見えてまつ。開放&広角端の諸収差でセオリーどおり逝かないモノと思われますが、換算20mmの適当セッティングで星座が認識できれば御の字なのカモ?。GH1の720p&魚眼(8mm/F3.5)で星が全く写せなかったコト考えりゃ大躍進ですし、流星は大気圏の現象なのでこん位の距離感でもぃぃよね(ぉ。更に、プチ遠方(200m)先に合焦位置を修正した 推定f=7mm(@換算35mm開放)は↓こちら。

GOP3ZILLA_max_3818_about-7mm_F14_SS8_iso3200
GOP3ZILLA_max_3818_about-7mm_F14_SS8_iso3200 posted by (C)syoushow

少し詰めれば使えそうな ふいんき(ry までキテマスので、後は数をこなすんでしょねぇ(汗;。(縮小表示では判り難いので、条件等に興味がお在りならリンク先の米ご参照)

お星さま向けのパンフォーカスは↑これで良いとして、コンデジじゃ無いんだから何時も均質な映像ばかりじゃぁ詰まらない(汗;。基本的に深度が深過ぎるので前後ボケは望めませんが、前ボケ/後ボケ何れか限定なら意識してコントロールも出来そうな ふいんき(ry にて。広角でメリハリをつけるにゃパースですから、前ボケ狙うなんて在り得ないょねw。よろしい!、ならばココは後ボケだ!!!。

先の理解が正しければwぢつはココからは簡単で、「s + DF」をボカしたい境界あたりに設定できればオケ。目標を決めて Far -> Nearにピントを送って、目標にギリ?ピントが来る所で止めるも良し。計算で sを決めてウチでセッティングを決めて、まんま置きピンで出かけるも良し。方程式解く知識は忘却の彼方に忘れ去っちょりますので、表計算に頑張って頂きましょ(滝汗;。例えばスペック上の最短撮影距離:300mmに ピンを合わせると 被写界の前端に合わせると、3mから先がボケ始めるみたいですので追っかけ歩き撮りにピッタリ!?。

さて、これでホントに上手く逝くんでしょか??(木亥火暴!。

[][][] Nokton 17.5mm f0.95 正式発表 05:11  Nokton 17.5mm f0.95 正式発表 - syoushowのネタ帳 を含むブックマーク

CP+開幕前日で色々と発表ラッシュでしたが、こちらも正式発表されますた。予価12万3,900円で、dc.watch情報では3月発売だとか(早!。

<主な特徴>
マイクロフォーサーズ専用マウント(専用フード付属)
■ 9群13枚、超高屈折率ガラス及び非球面レンズを使用
  f:id:syoushow:20120209051003j:image
■ 動画対応、絞りクリック解除機構を搭載 <ココ注目!
■ 高い剛性感と耐久性の、総金属製鏡筒
■ 確実なピント操作が可能なマニュアルフォーカス
■ 10枚羽根虹彩絞りによる、美しいボケ味

<主な仕様>
 焦点距離 :17.5mm(35mm判換算35mm相当)
 画角 :64.6度
 最小絞り :16
 レンズ構成 :9群13枚
 絞り羽根 :10枚
 最短撮影距離 :0.15m
 最大撮影倍率 :1:4.0
 フィルター径 :58mm
 最大径 :63.4mm/全長 :80mm/重さ :540g

即マップさんで予約受け付け開始してましたが、「販売価格の発表は発売日当日になります。」ってどんだけ~!?。Nokton 25mmと同じ仕切りなら底値は9諭吉前後か?なんて妄想してましたが、ヨドの予約価格が出てガックリ、、、「特価:¥114,800 (税込) 10%還元」。orz

・・・・買う気満々だったんすが、ビックも追随だろうから実質 10.5諭吉はツライなぁ(遠い目:

ゲスト



トラックバック - http://macromaniacs.g.hatena.ne.jp/syoushow/20120208
リンク元
 |